ボランティア活動とは、お年寄りも障害者も子どもも地域の中で元気にいきいきと楽しく暮らしていけるように、それぞれ

自分の身近なところで「自分にできること」を考え、自分から行動することです。

 ボランティア活動は特別なことではなく誰にでも出来る活動です。

 家庭や地域、学校、職場、福祉施設など、活動の場はいろいろあります。

 

 グループに入らず、個人でも活動できます。家庭・地域社会・施設などで、活動はさまざまです。

 まずは、ボランティアセンターに『個人登録ボランティア』としてご登録いただきます。  →個人ボランティア登録票

 詳しくはボランティアセンターまでお問い合わせください。

 活動を始めるにあたって、ボランティア活動保険に加入します。

 

 光市ボランティアセンターは、ボランティア活動の情報提供・相談を行うため、光市社会福祉協議会が運営しております。

   開館時間   月〜金 8:30 〜 17:15 

   休館日     土曜日・ 日曜日、祝休日、12/29〜1/3


   光市光井二丁目2‐1 光市総合福祉センターあいぱーく光 2階

   TEL:0833‐74‐3023  E‐MAILv-centre@hikari-shakyo.or.jp

   ホームページ:http://www1.megaegg.ne.jp/~hikari-shakyo/

 

 光市内で活動しているボランティア団体で社会福祉協議会に登録している団体をもって構成しており、光市内のボラン

ティア団体及び個人ボランティア相互の連絡連携及び交流を図るとともに、地域福祉の向上に寄与することを目的として

います。

 光市ボランティア連絡協議会に登録しているグループに入り、ご一緒に活動しませんか?
  → 登録団体の紹介


 

 ボランティア活動中、自身のケガ(傷害事故)や他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまった(賠償事故)

などの事故を幅広く補償します。



 1.対象となるボランティア活動

    個人の自発的な意思により、他人や社会に貢献する目的をもって取り組まれる、日本国内での活動

    無償の活動(交通費・食事代・材料費など費用弁償程度の支給は無償の範囲とします)

    活動の範囲は、以下のものを含みます。

     (1) 宿泊を伴う活動

     (2) 活動に直接結びつく学習会・研修会・会議等


     (3) 活動先への通常の経路による往復途上


 2.保険料

    一人当たりの年間保険料は、Aプラン:350円、Bプラン:510円

    他に天災プランもあります。Aプラン:500円、Bプラン:710円です。


 3.事故発生時の手続き
    事故発生から30日以内に保険会社等に「事故報告書」を提出する必要があります。

    まずは、光市社会福祉協議会へご相談ください。



 4.その他

    保険料はいずれの時期に加入しても同じです。途中解約による保険料の払い戻しはできません。

    中途加入の場合は、加入手続き完了日の翌日から同年度の3月31日までとなります。

 

 社会福祉協議会では、学校の総合的な学習の時間等に、各種体験教育に協力しています。

 体験学習の企画内容についての相談・福祉体験機器の貸し出しも行っております。

   
車イス体験   アイマスク体験   高齢者疑似体験